MENU ENTRY

オートパーツ営業本部

自動車の発展と共に成長してきた基幹分野

自動車補修用部品を整備業界などのアフターマーケットに供給。

オートパーツ営業本部はこんな商品を扱っています

  • ばね、エアスプリング世界でも知られる「NHK」ブランドの高品質ばねをはじめ、サスペンション機構のニーズ変化に合わせてエアスプリングの販売も行っています。
  • タイヤチェーンカーメーカーに純正採用される、高品質なタイヤチェーンを販売。乗用車からトラック、産業車両まで幅広いタイヤサイズの商品をラインナップしています。
  • GREENブランドニッパンが厳選したオイルエレメントやワイパーブレードなどのプライベートブランド商品です。信頼性の高いメーカーと共に開発した、高品質な商品を取りそろえています。
  • 乗用車用 補修部品自動車を安全・快適に使用していただくために、車検整備やメンテナンス時に必要になる各種部品を幅広く取りそろえています。
  • 大型車用 補修部品安全なトラック輸送を支えるため、足回りからエンジン、ブレーキ関連部品や架装用品に至るまで、豊富な商品をラインナップしています。
  • リビルト部品消耗部分をオーバーホールまたは新品で組み替えた再生部品です。部品の一部を再使用し廃棄物を減らすことで、環境負荷の低減に貢献しています。

ニッパンのスタートアップからのコア事業

自動車補修市場向けに、「NHK」ブランド商品やプライベートブランド商品を展開。

取締役常務執行役員 オートパーツ営業本部長 岩本尊弘(Iwamoto Takahiro)

取締役常務執行役員
オートパーツ営業本部長
岩本尊弘(Iwamoto Takahiro)

ニッパンは1959年、日本発条の自動車補修用ばねを扱う営業部門の一部が独立し、全国の販売ディラーと合併するかたちで誕生しました。私たちオートパーツ営業本部は、その補修用ばねをはじめ、各種補修部品やタイヤチェーンなどを、自動車補修市場向けに販売しています。いわばニッパンの創業時からのコアビジネスです。

かつて主力だった大型車両の板ばねは縮小傾向にありますが、代わりに台頭してきたエアスプリングの販売を強化するなど、市場のニーズに合わせた商品をラインナップ。また、高品質を掲げる自社オリジナル商品「GREEN」ブランドを積極的に展開。信頼性の高いメーカーと共に開発した商品であり、純正品レベルの品質とリーズナブルな価格で販売が伸びています。

クルマの車内をクリーンにしているのは
ニッパンのエアコンフィルターかも

ニッパンが厳選したプライベートブランド「GREENブランド」。そのなかでも特に伸びているのはオイルエレメントなどのエレメント製品や、エアコンフィルター関連、ワイパー関連の製品です。たとえばフィルター関連の「グリーンエアコンフィルター」は、抗菌、脱臭、帯電の機能を持つ3層のシートで、排気ガスやホコリはもちろん、超微細な花粉、PM2.5、そしてウイルスやカビもカットする優れもの。感染症対策が自動車にも求められる昨今、大きな注目を集めています。

クルマはどんどん快適になってきている

執行役員 オートパーツ営業本部副本部長 兼 統括営業部長 浜潟幸喜(Hamagata Koki)

執行役員
オートパーツ営業本部副本部長
兼 統括営業部長
浜潟幸喜(Hamagata Koki)

路面からの衝撃を和らげるサスペンションは、板バネからエアスプリングへ。エアコンフィルターは、単機能なものから、抗菌・消臭・抗ウイルスなど多機能なものへ。クルマは、より快適性を追求する方向へと進化しています。

一方、補修用部品の分野では、高額な純正品ではなく、高品質でリーズナブルなリビルト部品(消耗部分をオーバーホールまたは新品で組み替えた再生部品)が選ばれるケースも増えています。当社はこれらのニーズをいち早くキャッチし、専門商社として厳選した製品を市場に提供しています。

他社とは違うオートパーツ営業本部の競争優位性

自動車補修部品を扱う商社は多数ありますが、ニッパンのオートバーツ営業本部は何が違うのか。一つは品質の高さです。たとえば、各種製品の品質保証に欠かせない工業規格は、国内JIS規格だけでなく、グローバル規格への対応を強化。品質を向上させるために30名超が所属する品質保証部門が設置されているのも、商社としては珍しい特徴といえます。

全国に広がる仕入れ・販売網も強みの一つ。600社を超える部品商ルートに加えて、自動車メーカー、カーディラーにも販売ルートがあり、それらを通じて貴重な情報が入ってきます。その情報を活用し、品質の向上はもちろん、サプライヤーとの共同開発などさまざまなコラボレーションを行っています。さらに、製品に問題が発生した場合でも迅速に対応できるサポート体制も大きな武器といえます。

やはり自動車が好き・興味のある人に来て欲しい

オートパーツ営業本部 統括営業部 営業企画課長 兼 直納課長 隅吉 学(Sumiyoshi Manabu)

オートパーツ営業本部 統括営業部 営業企画課長
兼 直納課長
隅吉 学(Sumiyoshi Manabu)

世間では「若者のクルマ離れ」が叫ばれて久しいですが、今こそクルマの魅力は増していると考えます。CASE(Connected:コネクテッド、Autonomous:自動運転、Shared & Services:カーシェアリングとサービス、Electric:電気自動車)というキーワードが注目されつつあるように、新しいテクノロジーの台頭により、自動車産業には100年に一度ともいえる大きな変革が訪れているからです。これほどエキサイティングな業界はほかにはありません。

ぜひ、クルマが好き、最先端のテクノロジーが好きという皆さんにお越しいただきたいですね。当社では文系・理系も関係なく、やる気と好奇心のある人材を優先して登用していく考えです。昨今では、業界全体が女性を積極的に採用していることもあり、顧客先担当者も女性が増えています。ニッパンにおいても女性の活躍のフィールドは急速に広がっています。

オートパーツ営業本部で身につくビジネススキル

クルマの動力源がガソリンエンジンからモーターへと大きく変わる大転換期にあります。この時期に得られる経験は、今後のキャリアにおいても価値のある財産となるでしょう。変化する環境のなかで市場のニーズをキャッチし、自分で商品化を実現するという企画推進力も、この仕事を通じて身につくはずです。また、顧客も仕入れ先も、中小から大手まで多種多様。さまざまな仕事相手とのコミュニケーションを通じて、対人力が鍛えられます。経営者との折衝も多いため、若いうちにビジネスの先達者に会える魅力もあります。

内定者の声

入社の決め手は?

→複数内定をもらっていたが、最初に内定を頂いたニッパンに行こうと、内定の連絡時に自身の気持ちは固まっていた。最終面接前日に、若手社員の方との面談を設けてくれたことで自身の志望度も高まった。また、そういった場を設けて頂いたことから会社も私のことを知ろうとしてくれていると感じた。面接後、即日での内定連絡であったので素直に嬉しかった。

ニッパンは
ワーク&ライフパートナーです

働くということは、⼈⽣の⼤半の時間を費やすことになります。みなさんの貴重な時間を提供いただく訳ですから、雇⽤するニッパンとしても、みなさんの働き⽅(ワーク)だけでなく、⽣活の充実(ライフ)も含めてサポートできる存在でありたいと考えています。

ENTRY